離婚カウンセラー 今井洋子

協力することで、離婚できることもあります

慰謝料・養育費・財産分与・生活費 離婚準備

● 協力することで、離婚できることもあります

こんにちは、今井洋子です。

札幌の雪解けも進んで、春らしくなってきました。

といっても、風はまだ冷たいです。

忙しい方の多い時期ですし、体調を崩さないようにお気を付けくださいね。

さて、最近、カウンセリングでは、男性のお客様が続きました。

女性のためのと、書いていますが、男性のご相談も受けています。

男性は、お金を払う立場になることが多いのです。

奥様が専業主婦の場合は特にそうですね。

別れることを決意し、奥様をとにかく説得しようとしても、離婚したくないと言われることって多いですね。

中には、慰謝料を払っても、やっぱり嫌だと言われた方もいらっしゃいました。

払った側はこんなに払ったのにって思うのでしょうが、専業主婦の場合、生活費ということを考えると躊躇するのは当然です。

何年も働いたことがない場合、生活できるだけの収入を得られるか不安になるでしょう。

お子様がいらっしゃったら、母子家庭としてやっていけるか自信のないかたも多いと思います。

そんな不安をわかってあげてください。

特に専業主婦だった場合は、その後の仕事をすることまでサポートしてあげるくらいの気持ちが必要です。

パートでもいいから、まず働きに出てもらう。

やりたいことがあるのであれば、それが仕事としてやっていけるか相談に乗る。

資格を取ることが必要であれば、学校にいくなり、資格を取るなりする時間とお金を提供する。

もちろん、養育費もきちんと決めて、払い続けることを約束し、書類にすることです。

慰謝料を払う必要のない場合も、今後の生活費の一部にしてとある程度のお金を払うことで、離婚できた方もいらっしゃいます。

お金のことは、もらう方は、話しにくいことが多いです。

でも、お金のことがネックになって離婚できない方が多いのも現実です。

お子様がいて、それでも、奥様と離婚したいのであれば、離婚後の生活のことを考えてあげるのは必要です。

離婚理由にかかわらず、お金のことがネックになっているのであれば、協力してあげることも離婚への近道ですよ。

3月後半のカウンセリング可能日はこちらです。

17日、20日、25日、28日

ご希望のお日にちとお時間をお知らせくださいね。