離婚カウンセラー 今井洋子

【コロナ離婚する夫婦の特徴とは】離婚する一歩手前で考えること

モラハラ

こんにちは
離婚カウンセラーの今井洋子です。

結婚して子どもが生まれ、
仕事に育児にと慌ただしく毎日を
過ごしているうちに夫婦の会話が減り

すれ違うことが多くなってきていませんか?

そこへ新型コロナウイルス
感染症拡大防止のため、

リモートワークなど家で過ごす時間が増え、
今までの生活が一変した方も多いでしょう。

夫婦で一緒にいる時間が長くなると
今まで見えなかった相手の生活態度や
価値観の違いに戸惑いを隠せなくなると思います。

今回は、改めて夫婦関係を見つめ直してみたら
こんなはずではなかったと後悔している方に
知っておいて損はないお話をまとめてみました。

この記事を読んで今悩んでおられる方に
少しでもお役に立てれば幸いです。

こんなはずではないと思った瞬間

 

新婚の時はお互いに気をつかって
協力して生活することが
出来ていたはずなのに、

気がついたら旦那はリモートワークで
家にいても子どもの面倒を
みてくれるわけではないし、

かといって家事を手伝うわけでもない・・・

「もう、何やってんのー。」
って悲鳴をあげたくなりますよね。

他にもどんな時にこんな
はずじゃなかったのにと思うのでしょうか。

妻が離婚を考える旦那のまずい特徴

  1. 浮気や不倫など自分以外の人の気配がする
  2. 家事を分担してやってくれない
  3. 生活費をいれてくれない
  4. 自粛期間中なのに飲み歩いている
  5. 少し注意しただけで暴言や暴力をふるわれた

ひとつでも当てはまるとこの人とは
一緒には居られないなあと思いますよね。

そんな時はどうしていますか?

このままでは一緒にいられない、
早く何とかしたいと思った時の対処方法について

 

いきなり離婚届を
書く前に整理してみましょう。

まず、夫のどんなところが
気になるのでしょうか?

浮気癖や浪費癖があるなど
どうにもならないようなことなら
早めに動かれた方が良いかもしれませんが、

家にいるのに何も
してくれないのであれば

とりあえず
夫婦で話し合うこと』です。

ここで、友達に
相談することはおすすめしません。

友達に愚痴ったところで
スッキリするかもしれませんが
問題の解決にはならないでしょう。

まずは夫が、
『自分が思っている通りに動いてくれる』
なんて思わないことです。

その上で

『私が夕食の後片付けをするから、
その間に子どもたちをお風呂に入れてくれる?』とか、

『私もたまには気分転換に出かけてみたいから、
その間子どもたちをお願いしてもいいかしら?』

と具体的にお願いしてみましょう。

そして、すかさず『ありがとう。』
と感謝の気持ちを言葉にしてみましょう。

もしかすると、夫もあなたの
意思表示しだいで態度が変わるかもしれません。

まずは、『何が問題なのか』を
整理して考えてみましょう。

1人で悩んでいないで
自分の思いを正直に旦那に話してみると、

分かってくれて少しずつでも
家事を手伝ってくれるなど
態度が変わってくるといいですね。

 

コロナ離婚まとめ

 

お互いの仕事がリモートワークになるなど、
環境の変化で在宅時間が増えたのに
妻にばかり家事の負担が増えてしまって

ストレスが溜まりまくりの妻と、
それが分からず相変わらず自分のことしか
考えられない夫とのすれ違いについてまとめました。

こんなに苦しいのに
分かってもらえないのは辛いですよね。

まずは、その気持ちを
素直に夫に話してみましょう。

すぐには分かってもらえなくても
感情的になり勢いで家を出るのではなく、

人生経験豊富な信頼できる人に
相談してみるのも良いと思います。

もし相談できる相手が周りに
いない場合は下記からメルマガを
登録してみてください。

そこでは夫との話し合いを
どのように進めるかなど

具体的な問題の解決策を
ご提示しています。

ご登録は1分程度で済みます。

➢今すぐメルマガへ登録するならこちら

➢離婚に大きな一歩を踏み出す集大成【離婚攻略メルマガ】

あなたの気持ちが少しでも軽くなりますように。