離婚カウンセラー 今井洋子

裁判とどう違うの?よく知られていない『調停離婚』について解説

離婚したい 離婚準備

こんにちは
離婚カウンセラーの今井洋子です。

裁判所が関わってきて
少し怖い印象のある
『調停離婚』ですが、

これは離婚へと進むための
ひとつの手段に過ぎません。

➢離婚カウンセラー歴10年の私が語る『離婚』とは

あなたは離婚したいのに
全く話が進展しなければ

その分あなたにストレスが
かかるし時間も無駄に
過ぎていくだけです。

話し合いができない状況で
あなたが消耗せずに
物事が進展する手段が

『調停離婚』でしょう。

今回の記事では少し怖い、
少し難しく感じる

調停離婚をする必要性や
調停の準備に必要なこと、

実際に調停が始まったら
どのように進んでいくのかを
お伝えしていきます。

事前に全体を把握することで
頭の中も整理されて
より良い判断に繋がると思います。

 

【調停離婚をする意味】

 

離婚は全体の約90%が
『協議離婚』で行われます。

➢【協議離婚】国内の約90%が行う離婚方法の現実とは

夫と顔を合わせて
話し合いで離婚を決めるのが
協議離婚になります。

ですが、中にはその
話し合いができない
夫婦も存在するでしょう。

  • 夫が応じてくれない
  • 夫に恐怖心がある
  • 離婚を拒否される
  • 冷静な話し合いが不可能

このような状況の場合は
問題を解決する手段として
調停が有効です。

夫と顔を合わせる必要が無く
第3者を仲介して
離婚などの取り決めができます。

場所は家庭裁判所で行われるので
調停は裁判と勘違いされがちですが、

裁判ではありません。

そこで裁判官もしくは調停官と
男女1名ずつの調停員2名の
立ち会いで行われます。

1室で調停委員が妻・夫と
交互に話しをして

調停委員から提案を受けながら
話し合いを進めていきます。

このときもお互いに別々で
話すので顔を合わせることはありません。

調停では離婚の合意だけではなく
親権やお金のことに関しても
話し合うことができます。

調停で合意した内容は
裁判官の判決と同じ
法的効力を持つ

『調停調書』
にまとめられます。

ですから、お金の未払い等が
あっても給料の差し押さえを
命じることが可能です。

➢離婚したい、その前に知っておくべき【養育費】とは

➢【あなたは当てはまる?】離婚を考えて思う慰謝料の具体的な相場

 

【調停離婚を申し立てる準備】

 

調停は家庭裁判所に申し立てを
する必要があります。

このとき、相手の
同意は必要ありません。

申し立てをして約2週間後に
裁判所から双方に

『調停期日通知書』
封筒で届きます。

この封筒を見ただけでは
裁判所からとは
分からないようになっています。

調停を申し立てるのに必要な
費用は収入印紙に約2000円と

非常に安いです。

申し立てに必要な
書類は約6種類、

人によってはいるものと
いらないものがあります。

  • 申立書3通
  • 子供の事情説明書(未成年のみ)
  • 連絡先の届出書
  • 進行に関する照会回答書
  • 戸籍謄本(3ヶ月以内)
  • 年金分割用の情報通知書
    (年金分割を求める場合のみ
    1年以内のもの)

これらを裁判所に提出します。

書類の詳細や記載方法は
裁判所のホームページを
下記から参照してください。

➢裁判所のホームページ

【調停離婚が始まったら】

 

夫側に通知が届くと相手は
妻の主張に対する回答・主張を
提出する必要があります。

それを元に両者の希望に沿った
内容で合意させることが
調停での目標になります。

ここで重要なことは

主張をはっきりと伝えないと
あなたの希望に沿わない形で
成立してしまう可能性が高いです。

ですから、主張を明確に
はっきりと伝えることが大切です。

調停を申し立ててから離婚が
成立するまでの日数は

『3ヶ月~6ヶ月』程度、
回数は『2~4回』で成立する
ことが一般的です。

しかし、どちらも主張を
譲らない場合は5回目以降も
行うことがあります。

それでも両者が譲らない
場合は不成立という
結果になることもあります。

 

【調停離婚まとめ】

 

調停で弁護士を雇うのは
任意なのですが、

調停となると夫は
弁護士を雇うことも
十分に考えられます。

もし、そうなったときは
気持ち的には焦るでしょう。

あなたは離婚や法律に
関しては素人、

一方で弁護士は法律のプロ。

もうこの時点でちょっと
自信無くしますよね(笑)

でも実は、離婚関係で付く
弁護士は経験が浅い場合が
多いのでスキはあります。

むしろ夫に付いているのに
やり方次第ではあなたが
優位になることも。

それは戦略が必要ですし、
この場ではお伝えすることは
できませんが、

もしあなたが、その情報に
関して興味があるなら

私が運営している
無料メルマガへの登録を推奨します。

➢今すぐメルマガに登録するならこちら

➢離婚に大きな一歩を踏み出す集大成【離婚攻略メルマガ】

メールアドレスを入力して
1分程度で登録が完了します。

ブログでは言えない内容を
その他にも織り交ぜてあるので

ぜひご登録してみてください。

ではまた。