離婚カウンセラー 今井洋子

モラハラ夫に依存中でもがいている妻が現実を180度変える方法

モラハラ 離婚したい 離婚準備

こんにちは
離婚カウンセラーの今井洋子です。

この記事を読んでいるあなたは

「夫からモラハラ被害を受けていること」
「モラハラ夫に依存していること」

この2つを自覚していると思います。

  • 離れたいけど夫が怒ることが怖い
  • 夫がいなければ生きていけない
  • 自分を見捨てないのは夫だけかも

このような感情が湧いている
のではないでしょうか。

夫のモラハラが嫌だし離れたほうが
良いのは分かっているけどその
ジレンマをなんとかしたい、

そんなあなたが180度変わって
現実を抜け出す方法をお伝えします。

モラハラ夫の特徴はざっくりと
下記のツイートのような感じ
になるので参考にしてください。

まずは貯金しよう!

これは経済的依存を
解くための合理的な方法です。

パートでも構いませんので
今すぐ仕事をしてください。

 

仕事をしてある程度
貯金ができることで

『夫がいなくても生きていける』

という自信がつきます。

まず依存とは相手がいないと生きて
いけないと思っていることに問題が
あるのでそれを解決していきます。

シンプルではありますがこの方法で
解決している事例が山ほどあります。

職場には新しい出会いもあるので
あなたの仕事が評価されれば
それもまた自信に繋がるでしょう。

それでも夫に「仕事を始める」と
告げることは勇気がいります。

夫の収入がいくらかは関係なく
「生活費を負担しろ」とか
「家事は疎かにするな」とか
平気で言ってくるでしょう。

それに負けず意地でも
貯金をする方法を考えてください。

別居を考える

すぐに離婚をすることが難しい場合は
別居も選択肢としては有効です。

お金が無くても生活費の請求が可能で
拒否された場合は離婚の理由になります。

 

夫はすぐ戻って来ると思っていますが
夫は生活費を支払い続けても妻が戻って
こない生活に違和感を感じだします。

そうなれば離婚まではスムーズでしょう。

依存を解くのに物理的に長期間
離れることも有効的です。

最低限の貯金がある場合は
すぐに別居をすることが
現状を変えるには最適でしょう。

もし離婚が現実味をおびて金銭的に
不安があれば夫の貯金や財産を
把握しておくことも重要です。

結婚中に築き上げた財産は仮に
妻が働いていなくても
財産分与の対象となります。

モラハラ夫と離れた後の生活

上記でお金の話を主にしましたが、
離婚後はお金では
得られない幸福が待っています。

夫の目を気にせず自由に好きな
ことに時間を使うことができます。

何をしても怒られるなんて日常や
ストレスから解放されます。

 

もしあなたに子どもがいるなら
お金が多少無かったとしても、
多少忙しい日々を送っていても、

平和な日常生活に
「これが幸せなんだ」と
心から実感することでしょう。

夫が帰ってくる時間を気にすること
もなく子どもと笑顔の耐えない
当たり前の日常が待っています。

これはお金には変えられない
最も価値のある日常なのです。

まとめ

モラハラは本当に精神を
すり減らしあなたの身を滅ぼします。

夫の為、家族の為に頑張っていた
けどそれでももう耐えられない、
そう感じているのではないでしょうか。

なんとか現実を変えたいと
もがいているあなたの
気持ちは痛いほどわかります。

それでも何か行動に移さなければ
現状は何も変わることはないのです。

昨今では在宅での仕事も個人で
受注できるような環境など
多用な社会になってきています。

せっかくこのブログにたどり着いた
のだからもう一歩何か行動を
起こして欲しいという思いがあります。

各家庭で様々な状況があるでしょう。

このブログ内だけでは到底解決は
難しいような方もいると思います。

もっと具体的な解決策が欲しい、
今すぐ行動に移したいと、

そう思っているあなた向けに
『メルマガ』の運営をしているので
下記から購読してみてください。