離婚カウンセラー 今井洋子

離婚したい、その前に知っておくべき【養育費】とは

慰謝料・養育費・財産分与・生活費

こんにちは、離婚カウンセラーの今井洋子です。

具体的に知っているわけでは
無いけどお昼のニュースや
知人が言っていた等で言葉に
聞き覚えのある「養育費」。

今まではどこか他人事として
受け止めていたものがいざ自分のことと
なると具体的に知りたくなると思います。

しかし色んなサイトを見れば見るほど
言っていることが異なっていたり
内容が難しいなんてことも。

それには原因があります。

2019年12月23日をもって養育費として
請求できる金額の元になる算定表が正式に改定されました。

そのような背景を含めて今回は
養育費とは何なのか、

養育費の相場などを
お伝えしています。

【養育費】とは

両親が離婚するということは
子どもはどちらかに行くわけです。

子どもと離れて暮らすからと
言って子どもの親で
あることには変わりありません。

つまり、子どもが育つために必要な
費用のことであり、
その支払いは義務となります。

よく「生活が苦しいから支払いが
難しい」と言う夫がいますが
それは決して支払いが
免除される理由にはなりません。

生活の水準を下げてでも支払う義務の
あるお金が養育費ということです。

未成年の子どもが対象で年齢や
状況によっても金額は異なります。

【養育費】金額の決定方法

冒頭で2019年12月23日に養育費の
改定が行われたと申し上げました。

変更点は金額です。

養育費を支払わない方が後を絶たず
さらに裁判所は養育費の基準値が
低いという判断をしました。

あくまで目安にはなりますが
元々の金額より数万円ほど上がっています。

養育費算定表

金額は受け取る側と支払う側の
手取りや生活水準、
子どもにいくら使われるか等を
考慮のうえ割り出されます。

子どもの人数や年齢と支払う側の
年収や自営業なのか会社員なのかを
1つの表にまとめたものが『養育費算定表』といいます。

これらはあくまで目安の金額ですが
これから離婚を考える方は
絶対に知っておくべきです。

まず養育費が決定する
パターンが主に2種類あって

  • 夫婦間の話し合い
  • 調停及び裁判

での決定になります。

もちろん裁判になるケースは
まれですし、できれば避けたい
ところだと思います。

夫婦間の話し合いでは双方の合意
次第で金額の上限はありません。

これから子どもと生活する妻たち
にとっては少しでも多く
貰うことに越したことはないでしょう。

そこで交渉の際にうまく利用できるのも
この算定表になります。

改定後のものを貼っておくので
ご覧いただければと思います。

➢養育費の算定に関する裁判所の報告

【養育費】まとめ

養育費はあくまで
「子どもを育てるための費用」
であることを理解頂けたと思います。

そのため仮に妻の不倫で離婚して
親権が妻に渡った場合でも夫には
養育費の支払い義務が生じます。

それだけ子どもに対する社会的な
責任は大きくなっています。

日本は少子化と言われている中で
子どもにちゃんとした
教育ができなければ

将来を担っていく子どもたちの
未来が大人たちの身勝手に
よって壊されてしまいます。

子どもたちは両親の何にも
変えられない財産であり
国の財産でもあるのです。

そのため養育費が支払われなく
なれば給与の差し押さえも可能です。

子どもの大学費用
などの交渉もできます。

いつも言いくるめてくる口の上手い
夫が相手なら交渉も難しくなると思うので

そこで思い浮かぶのが弁護士です。

その時の費用はこちらの記事で
記載しているので参照ください。

 

 

少しでも多くの養育費を受け取りたい
という気持ちがあればそのための
具体的な方法や進め方などを

お伝えしているメルマガも配信して
いるので詳しくは下記の記事を
ご覧いただけたらと思います。

 

 

私、離婚カウンセラー「今井洋子」の
プロフィールは下記からどうぞ。

➢離婚カウンセラー「今井洋子」のプロフィール

40歳、50歳でもまだまだ折り返し、
人生再スタートはいつでも切れます。

そんなあなたを後押しします。